前へ
次へ

インターナショナルスクールはハンデがある

インターナショナルスクールの授業は英語で、ほかの生徒との会話も英語多くなって、授業にしても友人関係にしても英語力が大事です。
母国語が日本語で保育園が日本語なら、小学校入学時点で英語のハンデがとても高いです。
そして初めて学校通う大事な時期言語のハンデあるのは子供にとって負担となります。
日本人だからといって自動で日本語完璧になるわけではなく、学校の時間英語で過ごすのは、その分日本語使うことが少ないということです。
そして、勉強などむずかしい日本語触れることが少なくなります。
小学校からずっと英語教育なら間違いなく英語のほうが強くなり、学校外で努力しなくては漢字かけませんし、フォーマルな日本語苦手になります。
また、日本語、英語習得はある程度トレードオフで、言語使う時間限られていて、両方とも完璧に使える方いますが、現実として学校で使う言語に偏る可能性が高いです。
小学校から英語環境にするといったことは日本語より英語得意な子に育てる選択をすることです。
インターナショナルスクールをよく考えましょう。

Page Top